たまひよのわいわい日記

ポイ活、コジ活、お得情報、ガジェット系のブログを書いています

Rakuten Miniが一括1円!立ち回りなども解説

こんにちは、たまひよです。

 

今回は5/27発表の新キャンペーンについての解説、今後の立ち回り、おススメの転出先などを解説したいと思います。

尚、SIM到着後の初期設定やiPhone、Pixel4などの一部機種でのeSIM利用につきましては外部プラットフォームとなりますが過去に執筆した記事がございますのでこちらをご参考ください。

こちらのコンテンツもいずれブログに移植します。

 

note.com

 

 

 

新キャンペーン概要

2020年5月27日(水)9:00~2020年6月17日(水)8:59の間の期間限定で

「Rakuten UN-LIMIT」お申し込みで、Rakuten Miniを1円で購入できます!

 

f:id:tamahiyotube:20200527160134p:plain

 

まず条件は2点あり、

  • ①キャンペーン期間中に、「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み、Rakuten Miniをご購入
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行お申し込み
  • ②『【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】プラン料金1年間無料』の特典対象者

の両方を満たす方が対象となります。

 

楽天Link利用で3,000ポイント、事務手数料分3,300ポイント還元キャンペーンに関しても併用可能です。

一人一回まで。

※尚こちらのRakuten Mini一括1円キャンペーンで購入した場合、紹介特典は適用不可となります。

※無料サポーターの方のプラン変更は対象外です。
 

5/27 22:00追記

f:id:tamahiyotube:20200527215424j:plain

注意事項に追加があり、Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンとの併用はできないと明記されました。

 

今後の立ち回り

 

 ①既に「Rakuten UN-LIMIT」を利用している方

残念ながら今回のRakuten Mini一括1円キャンペーンは適用不可です。

後に記載する Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンは対象になります。

 

②現在無料サポーターを利用していて、何も手続きを行っていない方

無料サポーター回線を解約か他社へ転出させましょう。

その後新規でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

③現在無料サポーターを利用していて、既にプラン変更手続きを行っていて6月からは「Rakuten UN-LIMIT」になる方

無料サポーター回線を解約か他社へ転出させましょう。

解約、転出後も②の方と違い、プラン変更の申し込みを行った申込番号がいつまでも消えませんので楽天モバイルへ電話して申込番号を読み上げ、処理をキャンセルしてもらいましょう。

キャンセル処理が終わらないと該当の楽天IDでは「Rakuten UN-LIMIT」の申し込みはできないです。

尚、キャンセル処理は5日~14日ほどかかるとのことなのでなるべく早く行いましょう。

その後新規でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

④新規申し込みを検討している方、楽天モバイルMVNOを利用している方

新規、もしくはMNO移行でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

※尚、②、③、④の方に関しましてRakuten Miniが一括1円で購入できるメリットはありますが実際にSIMを使用したい端末での利用に時間がかかったり再発行費用3,300円が発生する可能性があります。

キャンペーンの併用可否がはっきりと明記されたので買いたい端末でキャンペーンを選ぶのがいいと思います。

また新規申し込みの際に楽天モバイルが実施する審査の結果によっては契約ができないことがあります。

その際の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

一部機種の売価変更

  Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン

5/27より楽天モバイルの取り扱うGalaxy A7が値下げされています。

31,500円から17,000円(税抜)に大幅プライスダウンです。

Galaxy A7はRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンで後日15,000円分の楽天ポイントが還元される機種なので実質3,700円で購入ができます。

 

 

上記のRakuten Mini一括1円キャンペーンとは併用ができないのでRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの中に欲しい端末がある方はこちらを選択するのがいいと思います。

Galaxy A7が圧倒的にお買い得です。

逆に避けた方がいいと個人的に思うのはOPPO A5 2020でしばらくはスーパーDEALで今やってるような実質負担額で買えるのでわざわざRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンで購入する必要はないと思っています。

OPPOも他キャリアでは新機種の発表を続々としていますがRenoシリーズに重きを置いているので今後しばらくはA5 2020はこのくらいの実質負担額を保つかと予想しています。

 

※5/1以降にお申込みの方が対象です。

※こちらも無料サポーターからのプラン変更は対象外のキャンペーンとなっています。

 

無料サポーターのおススメ転出先

 今後の立ち回りの項目で②と③にあたる方には解約もしくは他社への転出をして無料サポーターを逃がすことをお伝えしましたがここからは実際のおススメ転出先を書きたいと思います。

ただ、あくまでも楽天モバイルの記事になりますので1社のみの案内となります。

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはWEB申込と店舗申し込みで月額料金が少し変わります。

WEB申込のメリットは各プランが最大半年間1,600円割引になるところです。

その為音声基本プラン+データ通信3GBは基本料が1,600円なので最大半年間無料で利用できます。

更にエンタメフリーオプションも最大半年無料です。(本来は480円/月のオプションです。)

f:id:tamahiyotube:20200527174915j:plain

 上記の対象サービスはデータ通信料を消費せず利用できる為かなり人気のオプションとなっています。

申し込みにかかる事務手数料、SIM発行手数料も後日Gポイントで還元されます。

端末セットで申込時は最大でGポイントで7,000ポイント還元がありますが端末セットの場合は店舗の方がお得です。

 

店舗申し込みは各家電量販店で受け付けており、各プランの割引が1,200円となります。

その為、音声基本プラン+データ通信3GBは基本料が1,600円なので最大半年間400円で利用できます。

割引額はWEBに劣りますが家電量販店で販売されているSIMフリー端末とSIMパッケージ代3,300円の合計から最大22,000円割引ができるので機種によっては一括1円や一括648円ほどで購入ができます。

最大還元額に関しては店舗の方が多いので安くサブ端末が欲しい方、入手した端末をなんらかの形で処分する方は圧倒的にこちらがおススメです。

 

BIGLOBEモバイルはdocomo回線、au回線の2種類から選べます。

私も契約していますが速度はMVNOの中では比較的安定しています。

BIGLOBEモバイルをお勧めする理由としてはとにかくランニングコストが安いこと、そして転出抑止の施策も大きいことです。

家族割引も200円あるので2回線目からは月額割引が店舗申し込みの際も200円になります。

そして月額割引が切れるころに他社に転出希望していることをオペレーターに伝えると転出抑止の施策として月額1,600円割引が貰えます。

こちらはBIGLOBEの予算や抑止施策の適用条件等もあるので半年後に確実に抑止施策が適用されるかどうかは分かりかねますが他のMVNOと比べて引き留めにも積極的であることは間違いないです。

 

尚、自分は店舗申し込みが圧倒的に有利と思っているのでアフィリは貼りません。

店舗へGO!!!

私も月末行きますので大阪の方はアテンドできると思います。

 

Y!MobileUQ Mobileも5月末まで学割の実施やSIM単体でも2万円までのキャッシュバックを行っていますが月額維持費がミニマムでも安くはないという所、大手キャリアのサブブランドですので後の契約に響く可能性が高いことも考慮して利用意思のない方へはおススメしません。

但し両キャリアとも品質に関しては間違いなく良いので利用をしてみたいであったり無料サポーターの転出と同時にメイン回線も見直して家族割引も受けたいなどの方に関してはおススメします。

 

独り言

待てばSIMパッケージ代併せて一括1円になると思います。

ROOMを見ていただけると分かるように3,001円なのでパッケージ代は割り引かれていません。

本体代は17,000円なので本気を出せば一括1円になるのではないかと思います。

但しその頃には1年無料や事務手数料、楽天Linkでのポイント還元キャンペーンは終了していて総額で言うと損になるかもしれませんが。。

Rakuten Miniの相場が下がることを加味して算出しても確実にお得なので私はこのやり方で申し込もうと思います。

 

今回の経緯について追記

簡潔に言うと最初はRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンが併用できるという流れで記事を投稿しました。

 

しかし21:50頃に小岩井さんが公式サイトのキャンペーンページに追記がされているのを発見して共有いただきました。

f:id:tamahiyotube:20200527215424j:plain

 

今回の経緯は昼間に楽天モバイルのオペレーターにキャンペーンの併用可否を確認したところ、1人目はRakuten Miniは値引き、Galaxy A7などに関してはポイント付与のキャンペーンでそもそも別物なので適用は全く問題ないとの回答でした。

キャンペーンページにも適用不可とは書いていなく凄く納得する説明でした。
 その後気になる話が流れてきたので先ほど再度確認の為楽天モバイルに電話しました。
2人目のオペレーターはできないと言いました。
注意書きはないができない、と。
中身のある内容ではなかったのでそれが全てだ、というような感じの回答でしたが意見が割れてしまいました。
その後、コールセンターの営業時間終了になり別の方に確認ができないのでこのまま拡散するのはリスクがあると感じ、リプいただいた方に追記をご覧いただくよう案内しました。
そして明日朝再確認をしようとしていたところ小岩井さんがページの追記を見つけられてました。
その為迅速に記事の修正を行えました。
小岩井さん、本当にありがとうございます。
 

本件に関して私自身も誤案内を受けたとはいえ不確定な要素を記事にし拡散したこと申し訳ありませんでした。

また、私の情報発信のスタンスですが、下記のツイートに書いてある通り誤った情報であっても該当記事自体の削除はしません。
勿論未だ間違っている部分に関して誤情報拡散防止の為、修正はしますが同記事内で経緯と謝罪を致します。
 
 
 
そしてモバイル系に関わらずキャンペーンの適用可否についてですが当ブログでも絶対は保障していません。
何故なら、提供会社の都合で簡単に修正されてしまったりこのようにオペレーター自体の誤案内があったりするからです。
またどこのキャンペーンページにも予告なく変更する場合がございます、と書いてあると思いますがそこまでは察知しきることができないからです。
過去の経験や理論的に考えて可能性の高い方や私見を述べることはできますが物事に絶対はないので念の為ご自身でも確認をする癖をつけたほうがいいと思います。

 

最後に

今回もご覧いただきありがとうございました。

類似の記事も沢山あると思いますが私のフォロワー様特化して書いてる部分が多いので助けになれるのではないかと思います。

追記の部分を特に見ていただきたいのでよければ拡散の方よろしくお願いします。