たまひよのわいわい日記

ポイ活、コジ活、お得情報、ガジェット系のブログを書いています

楽天モバイル、100万回線突破。今後のロードマップを考察

こんばんは、たまひよです。

前回のPINコード、PUKコードの記事が凄く反響があって驚いています。

本記事執筆時の6/30 23時時点で500RT、400いいねと非常に拡散していただいております。

 

 色々分析していましたがこの記事自体は一般向けの周知として作成したのでTwitter内でのキーワード検索からの流入が多いのかなと思いました。

記事を書くだけで終わらず分析してより良いものを作ることはどんなことでも大事だと思いますので今後も頑張ります。

 

さて、本題ですが今回の題材は楽天モバイル

前回記事でRakuten Miniの一括1円を取り扱いましたが、そこから約1カ月が立ちました。

最近はRakuten Miniのband問題やユーザー対応においても虚偽ばかりと企業体質が疑われるような事ばかりを繰り返していますね。

ガジェット、通信系の発信をされている方達の中では招待コードの被紹介者側に上限があったと後出しされて被害を受けたような事件もありました。

Rakuten Miniの事は記事にしようか迷いましたがぶっちゃけ弊害があるユーザーが限られているのと私自身はおもちゃくらいに思った方がいいという旨をTwitterで発信しまくっていましたのでまとめませんでした。

ここから本題に移っていきますが本記事は私見が大きく混じりますのでご了承ください。

 

 

楽天モバイル、6/30時点で100万回線突破!!!

f:id:tamahiyotube:20200630233224j:plain

4/8に正式にサービスを開始した楽天モバイル無制限プラン「Rakuten UN-LIMIT」が6/30に100万回線突破。

「Rakuten UN-LIMIT」は月額料金2,980円で、楽天モバイル回線エリアは無制限、楽天モバイルの電波でカバーできないエリアはローミングパートナーのauの電波を借り5GB/月まで通信が可能、容量超過後も1Mbps制限というプランです。

プラン自体は非常に商材力が強く、実際に「無料サポーター」で使用していても速度品質も良かったので今後の顧客獲得の一番のキーポイントは「自社エリアの拡大」にあると思っています。

UQ MobileY!Mobileも対抗プランを出してきましたが今後のトレンドは容量超過後1Mbpsで使えることでしょう。

ただでさえプラン自体は魅力的なのに先着300万名は1年間利用料金が0円になる大きなキャンペーンを打ち4/8に正式サービスイン。

約3カ月で1/3にあたる100万回線突破はかなり早いペースですね。

恐らくRakuten Mini一括1円とGalaxy A7でかなり契約数を稼いだと思われます。

 

但し、現状生きている回線は確実に100万回線もないでしょう。

理由はシンプルで楽天モバイル(MNO)の契約内訳楽天モバイル(MVNO)を利用している顧客層にあります。

楽天モバイル(MNO)の契約内訳とは新規かMNP転入かMVNOサービスからの移行かを指します。

正確な内訳の開示はありませんでしたが、新規が一番契約内訳として大きいのは確実でしょう。

あとはMVNOサービスの契約者数などを加味すると概ね割合は算出できるのですが、

新規6割、MNP転入1割、MVNOからの移行3割とみています。

 

次に現在の契約者内訳3割を占めるであろう楽天モバイル(MVNO)を契約している顧客層についての解説ですがコチラは大きく分けて3つあります。

 

①格安事業者として純粋に通信サービスを使っている顧客。

楽天市場のポイントアップシステム『SPU』の為に契約している顧客。

③昨年まで定期的に実施していた『プラス割』や『機種変更キャンペーン』を利用し端末を安く購入し、売却による利益を上げる顧客。

 

①や②は純粋に「Rakuten UN-LIMIT」に移行してそのまま利用してくれると思うので余程の事がないと転出や解約はないでしょう。

特に②の顧客に関しては1年無料でSPUが1倍付くのでたとえ通信が使えなくても無料なら契約したいはずです。

 

問題なのは③の顧客。

昨年実施していた『プラス割』はAQUOS Sence2等の端末が一括1円で手に入るうえ、楽天モバイル(MVNO)では利用者登録などを厳しく実施していなかった為、一人で5回線契約ができました。(後半は改悪されました。)

契約して数日後には『機種変更キャンペーン』でnova lite3などを一括7,800円程で安く購入することもできました。

この顧客たちは回線利用の意思が殆どない為、「Rakuten UN-LIMIT」に移行後は解約金が免除される事を利用して回線の処理をしていると思われます。

 

私はそれぞれの顧客層の割合を、①は6割、②は2割、③は2割と考えています。

そのうち①や②の顧客に関しては移行に関して渋っている方が大半と思います。

両方とも1年後の事を考えるからです。

①の方は最悪1年後には他社に転出してしまえばいいですが、②の方は維持費が今のスーパーホーダイSなどと比べると基本的に上がります。

今現状では旧プラン(MVNOプラン)は受付は終了していますが廃止が決定したわけではないのでそれまではMVNOでいる、というユーザーも少なくはないでしょう。

③で5回線作ったユーザーも1回線は別に維持しても1年は無料なので問題ないわけですが、残りの4回線はMNO移行後に他社転出や解約で処理をすることを考えると実際利用されてる回線自体は90万回線くらいではないかと思います。

 

大手3キャリアが既存顧客の囲い込みに拍車をかける中、楽天モバイルが今後今やっている楽天モバイル楽天光を契約すると両方1年無料以外にどういう囲い込みをかけていくのかが気になりますね。

 

あと余談ですが楽天モバイルMVNOの時と比べて審査方式を恐らく変えています。

楽天モバイルMVNOの頃はNTTドコモの顧客管理システム「ALADIN」に連結していたのですがMNOサービス開始にあたり、自社で顧客管理システム「Oliver」を構築し、運用しています。

自社の顧客管理システムでどこまで情報が拾えるかまでは分かり兼ねますが不可解な審査落ちなどが幾つか報告されているのでMVNOの頃と審査方式が変わったと予想しています。

こちらに関しては各キャリアのBL条件や喪明けと同様、机上の空論にしかならないので深く突っ込むのはやめておきます。

では次項からは明日で終わるキャンペーンもあるので今後の契約者がどのように推移していくか、楽天市場含めた取り扱い製品がどうなっていくかを考察していきたいと思います。

~7/1 8:59終了キャンペーン

 

①事務手数料分3,300ポイント還元キャンペーン

f:id:tamahiyotube:20200630233329p:plain

②オンライン契約後Rakuten Linkご利用で3,000ポイントプレゼント

f:id:tamahiyotube:20200630233330p:plain

 

上記2点が7/1 8:59までの申し込み分で終了します。

こちらの2点の6,300ポイントを含めてGalaxy A7などの機種で21,300ポイント還元を謳っていたので一気に還元が減りますね。

オリジナルを売りにしていたRakuten Miniの一括1円施策も製品自体が欠陥という最悪の終わりを迎え6,300ポイントも終わりますので対象製品購入サポートの還元率を上げてくると思います。

恐らく代替え施策を打ってきますが今後は店頭営業に注力すると予想しています。

6月頃から楽天モバイルの求人案件がかなり増えているので恐らくそういうことかな、と。

あとは店頭営業に注力をするのであればそろそろタブレット製品を扱いそうな気がします。

それで契約回線数を稼ぐと思います。

300万回線突破は早ければ12月くらいになるかなと予想しています。

勿論今後の施策次第ではありますが、今出ている情報だけで行くと確実に契約者数の伸びは鈍行化するでしょう。

 

OPPO製品の今後

ここからは楽天市場内での楽天モバイル対象製品についても触れていきたいと思います。

スーパーDEALなどがどうなるかという考察ですので楽天モバイル自体とは直接関係はないのですが対象製品購入サポートなどで機種を購入することを検討している方は楽天市場で購入した方がいいパターンもありますので参考にしていただければと思います。

 

5月末頃にOPPO A5 2020がスーパーDEAL40%になりお祭り騒ぎになりました。

私の予想としてはA5 2020はもう投げ売られていってしばらくしたらRenoAが投げ売られるんだろうなと思っていたら流れは予想通りだったのですが少しペースが速すぎました。

6月のマラソンOPPO RenoAがスーパーDEAL10%で登場してきました。

その後、月末あたりに20%で出てフリマの相場も結構大きく下がりましたよね。

7月はマラソンが2回あるのですがほぼ確実にまたスーパーDEALで出てくると思います。

7月中にスーパーDEALで30%、楽天モバイルの対象端末購入サポートでの還元額引き上げが行われると思いますが、Redmi Note 9sなどと違い基本売価が結構高いので(それでもスペックを考えると破格ですが)値下がりはもう大きくしないと思います。

量販店も今はまだRenoAの発注ができるみたいですが、Reno3Aに移行していく意向がメーカーからあると話を聞きました。

Renoシリーズで楽天モバイル向けの5G機を出す頃にReno3Aを投げ売りするのかなぁという感じです。

これはまだ結構先ですが。

 

取り扱い製品予想

SIMフリー版の型番も確認されていた為、予想の範囲内でしたがSHARP/AQUOS R5Gの取り扱いを開始しましたね。

まだ5Gは楽天モバイルとしてはサービスインはしていないですが今後は5G対応機の取り扱いを広げていくと予想しています。

Galaxy S10やGalaxy Note10+を取り扱っているのでGalaxy S20シリーズも取り扱いそうだなと思います。

ただ、Rakuten Miniを除いて取り扱っている製品は良いものが多いのですがやはりサービス自体のサポート体制に一番の問題があるのでそこを改善してほしいですね。。。

 

最後に

今契約を検討している方はもう少し待ってみてもいいのかなと思います。

とりあえず明日の朝あたりに新しいキャンペーン類の発表があると思いますので期待して待ちましょう!

今回もご覧いただきありがとうございました。

よければ拡散ご協力ください。

 

 

 

 

PINロックにかかってしまった時は・・・

こんばんは、たまひよです。

今回はいつもの記事の内容とは少し違う形でお送りしたいと思います。

既に類似の記事を作られているメディア様もいらっしゃるので内容が似通る部分もあると思いますがよろしくお願い申し上げます。

本日、6/27に地上波で『世界一受けたい授業』が放送されました。

内容は『あなたのスマホがとにかく危ない!デジタル犯罪から身を守る方法』というものでした。

不正利用を防ぐ手段の一環として、スマホの【SIMカード】にロックをかける方法が紹介されましたが注意事項などを十分に説明していない番組の無責任さに私の知り合いの通信業界従事者が嘆いていたため一般の方向けの注意喚起としてこの記事を作成致します。

 

SIMカードとは?

SIMカードとはスマホや携帯電話、タブレットに差し込むカードで契約者の電話番号や契約先のキャリアとの料金プランなどの内容が記録されています。

f:id:tamahiyotube:20200628003004j:plain

このようなチップみたいなものでして、Androidの場合だとSDカードを入れるトレイと共に入っていたり、携帯電話だと電池パックを入れている場所に挿入場所があったりします。

f:id:tamahiyotube:20200628003001j:plain

こちらはiPhone

本体に付属しているSIMピンを使用してトレイを押し出してSIMカードをセットします。

AndroidもモデルによってはSIMピンがないと取り外せないものもありますし簡単に開けれるものもあります。

 

SIMカードは前述の通り、電話番号や何GB使えるなどのプランを記録しています。

端末を落としたり第三者の手に触れる場所に置いて目を離していたりすると端末にロックをかけていてもSIMカードだけを抜き取り、手持ちの端末に刺せば貴方の電話番号を使用して着信やSMSによるメッセージを送ったりすることができます。

 

SIMロックとは?

昨今、耳にすることが増えたSIMロックSIMロック解除という単語ですが、

SIMロックは携帯会社が自社で販売する端末には自社のSIMカードでしか通信ができないようにかけたロック。

SIMロック解除はそのロックを解除すること。

だと思ってください。

SIMロックがかかっているとNTTドコモで販売された端末はauSIMカードを入れても通信ができません。

しかしSIMロック解除をすることによって他社のSIMカードを入れても通信ができるようになる可能性があります。

ここで可能性があると濁したのは各社動作の保証はしていないからです。

例えばSIMロック解除を行いNTTドコモの端末にauのSIMを刺します。

すぐに通信ができる端末もあれば設定を行わないといけない端末もありますがそのサポートは両キャリアしていません。

端末を提供しているNTTドコモ側からすると他社のSIMカードを入れて使う前提で販売していないので、となりますしSIMカードを提供しているau側からすると他社の端末を店頭に持ってきて聞かれても他社の製品の為、操作が分からないと断られてしまいます。(たとえ両キャリア取り扱いがある同名のモデルだとしても対応義務はない)

 

その為、ある程度「調べる力」がある方へおススメします。

とはいえ検索ワードもそこまで凝ったものを入れなくても今は解説しているブログも多いため大半の方が問題なく通信を行うまでに至ると思います。

※店頭営業をしていると「ここで販売したんだから責任を持て」と仰るお客様もいらっしゃいますが業務外の事を強いられても対応できませんし迷惑なのでお控えください。

 

肝心なロックの解除の仕方は、

1.各携帯会社のショップにて手数料3,000円(税抜)で受付

2.各携帯会社のHP(My docomo、My au、My SoftBank)より手数料0円で受付

になります。

 

またどの機種でもSIMロック解除ができるのかと言われるとそうではなく、最低条件として原則2015年5月以降に発売された機種が対象になります。

iPhoneのモデルで言うとiPhone6Sから対象です。

2015年5月以降に発売された機種でも、キャリアごとによってSIMロック解除ができる

条件が更に細分化されています。

一括購入の場合は即日解除が可能ですが分割購入の場合は購入から100日以上経過していることが基本条件となります。

但し、キャリアによってはクレジットカードで毎月の料金の支払いをしている、過去に当該回線においてSIMロック解除の実績がありその手続きから100日以上経過している、等を条件に分割でも即日解除が可能だったりします。

詳細を記載していると本記事の趣旨から大きく逸れますのでご自身の端末がSIMロック解除可能かをお調べしたい方は「キャリア名 SIMロック解除 条件」などで検索をしてみてください。

 

ここでSIMロックSIMロック解除について説明したのはSIMロックはあくまでも端末に対して携帯会社がかけている他社SIMカードでの利用を抑制する為のロックである、ということを説明したかったのと次項で説明するPINロックとは別物であることをご認識頂きたかったからです。

 

③PINロックとは?

SIMカードには紛失や盗難に備えて、本人確認の為PINコードと言われる暗証番号を設定する機能があります。

SIMカードを挿し込んだ時や本体を再起動した際に入力を求めて利用者本人かどうかを確認することができます。

このPINコードの入力に3回連続して失敗すると、本人ではないと判断されてロックがかかり通信ができなくなります。

ロック解除には契約時に設定された8桁のPUKコードを入力する必要があり、10回間違えると利用者での解除は不可となります。

その場合、解除するには携帯会社のショップに持ち込みが必要で手数料3,000円(税抜)がかかります。(SIMカード再発行が必要だと判断された時)

 

PINコードには携帯会社毎に初期PINコードの設定があり、利用者は任意のPINコードを設定する前に初期PINコードを入れる必要があります。

しかし、初期PINコードを入れる必要があることを認識していなければ任意のPINコードを何回も入力してしまう為、ロックがかかり通信ができなくなる事例が放送後に相次いでいます。

また、PUKコードは利用者が設定するものではない為、把握していないケースがほとんどです。

PUKコードの確認方法は2つあり、

1.契約時の書面

2.各携帯会社のHP(My docomo、My au、My SoftBank)

3.カスタマーサポートでの確認

となります。

最近では書面の電子交付も進んでいるため携帯会社のHPで確認する方が大半を占めると思います。

 

纏めるとPINコード登録のフローは、

初期PINコードを入力する→任意のPINコードを入力する

となります。

 

では初期PINコードは何番なのかは以下の通りです。

NTTドコモ 0000

au 1234

SoftBank 9999

楽天モバイル 0000

 

以前も別の番組で同様の事例があったのですが今回の放送でも初期PINコードの説明などはなかったらしく、放送を鵜呑みにした一般の方がロックにかかるケースが多発しているようです。

 

最後に

放送翌日の6/28はPINロックにかかった方がショップに押し寄せることが予想されます。

その際、手数料に対して不服を申し上げる方も一定いらっしゃると思いますが携帯会社には事務手続きに対し、手数料を免除する仕組みはありません。

携帯会社側の過失で起こってしまったお客様の不利益に対しては返金や翌月請求分からの相殺などの措置が取られますが今回の原因は十分に注意事項を説明しなかった番組の制作にあります。

 

数分で終わる手続きでも、決まった手数料が課金されますので店頭でいくらゴネたところで手数料は免除になりませんし双方時間の無駄です。

PUKコードは各携帯会社のHPよりご自身で確認しましょう。

それができない場合はショップでおとなしく手数料を払いましょう。

また、各キャリアショップは事前予約性となっています。

当日、いきなり行っても待ち時間がかかる、受付自体ができかねる可能性がありますので事前にHPから予約をして行きましょう。

NTTドコモauSoftBankが悪いのではなく無責任かつ適当に紹介した番組の制作が悪いので苦情はそちらに言いましょう。

 

今回もご覧いただきありがとうございました。

よければ拡散ご協力ください。

通信業界従事者の方は特に拡散いただければご自身の応対する案件を少しでも減らすことができると思いますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 

楽天ひかりはどうなのか?

こんばんは、たまひよです。

今回こそ楽天ひかりについて書きたいと思います。

 

尚、専門的な話になるためこちらの記事をご覧になってから見てください。

 

 

www.tamahiyowaiwai.info

 

見ている前提で話を進めていきますのでよろしくお願いします。

注意事項も前回と同じです。

 

f:id:tamahiyotube:20200603022317p:plain

今回こちらの内容をメインに解説致します。

皆さんが気になっているのは1年無料だと思います。

元々私のフォロワーさんは楽天経済圏を熟知されてる方が多いと思いますが、2020年4月1日よりSPUの条件が変わっています。

楽天モバイルが2倍→1倍へ変更になり、楽天ひかりが1倍へと設定されました。

楽天経済圏のガチ勢としては楽天ひかりを契約して1倍を取りにいきたいところだと思いますが皆さんが中々されない理由はいくつかあると思います。

今回の記事ではそれらが実際どうなのかを私見を交えて解説し、こうすればいいのではないかというのを書いていきたいと思います。

まずは楽天ひかりの基本的なことからいきたいと思います。

※以下表記価格は税抜

 

 

楽天ひかりの月額費用は?

前回の記事で解説しましたが楽天ひかりはNTT東西の提供する光アクセスサービス『フレッツ光』の回線を楽天が借り受けて提供する光回線となります。

その為、提供方式がファミリータイプかマンションタイプかで月額が変わります。

 

ファミリータイプ:4,800円

マンションタイプ:3,800円

 

工事費分割(新規の場合は分割のみ):300円×〇回(総額によって異なる)

スーパーセキュリティー:350円

この値段自体はファミリータイプが少し安いくらいで光コラボなら大体相場です。

尚、『ひかり電話』やTVサービス『フレッツTV』は楽天が提供しないので楽天からの請求はありません。

 

ある程度リテラシーの高い方や前回の記事を読み込んだ方はフレッツ光は『ひかり電話』や『フレッツTV』を提供しているのになぜ楽天ひかりはしていないの?」と思うでしょうが後程記します。

楽天ひかりの初期費用は?

楽天ひかりの初期費用は初期登録費と工事費の2つになります。

初期登録費は提供方式で変動せず、申込内容で変わります。

工事費は提供方式と配線方式で総額が変わります。

 

・初期登録費

新規申し込み:800円

転用、事業者変更:1,800円

 

・工事費

ファミリータイプ:18,000円

マンションタイプ:15,000円

LAN配線方式:7,600円

無派遣工事:2,000円

 

※工事費に関しては新規は分割のみなのでファミリータイプだと300円×60カ月となります。

分割途中での解約の場合は残額を一括清算、尚通信契約の違約金とは別なので注意

 

楽天ひかりのメリットは?

本来はここを一番に伝えたいのですが、

①SPU1倍が加算される

くらいです。

付与上限5,000ポイント。

すまん楽天、商材力弱すぎ。

ルーター無料はプレゼントじゃないにしても無料貸与という形で他所でもやってます。

楽天ひかりのデメリットは?

①デメリットは通信速度が遅い。

これは致命的です。

楽天ひかりは光回線速度ランキングで57番中38位の速度です。

下から数えたほうが早い。

更に実際のユーザーの声でも遅いという意見が多数です。

現状でこの順位で利用者が増えた際に更に過密になる可能性を考えると・・・・。

自分の場合、接続台数も多いし今後IoT製品も今以上に普及していく中で品質が悪いのはアウトです。

スイッチの早押しなどにもモロに影響があります。

 

②固定電話とTVを利用しているフレッツ光以外の他社ユーザーが乗り換える際に手続きが非常に面倒

楽天ひかりではインターネットのみの提供で『ひかり電話』や『フレッツTV』の提供はありません。

ドコモ光やソフトバンク光といった主要光コラボの場合は事業者が固定電話やTVサービスも扱う為、ドコモやソフトバンクで一括して申込ができます。

これらのサービスを契約する必要のないユーザーやしていたけどなくてもいいから切り捨てれるユーザーはいいと思います。

では、楽天ひかりで『ひかり電話』や『フレッツTV』を利用する方法はないのか?というところですがあります。

手順は一度楽天ひかりを開通させた後に回線ID(CAF番号)でNTT東西に直接『ひかり電話』や『フレッツTV』を申し込む形になります。

工事に2回立ち会わないとダメなのとWEBからの申し込みになるので人によっては難しいと思います。

更に他社で電話やTVサービスを利用していた場合、結局全てが解約できるのが『ひかり電話』、『フレッツTV』に切り替わってからです。

その前に解約してしまうと固定電話の番号が変わったり、TVが見れない期間ができたりしまう。

楽天ひかりの開通納期ですがインターネットのみなのに1カ月前後、更に開通後にNTT東西に『ひかり電話』、『フレッツTV』の工事を依頼するとなると下手したら2か月かかる可能性もあります。

その間、利用料金を以前の会社に払い続ける必要があるので勿体ないですよね。

 

もう一つ方法があるのですがフレッツ光に一度切り替えてから転用する方法です。

フレッツ光で『ひかり電話』や『フレッツTV』を契約してからそのまま転用すると両方とも引き継げるので手間が少なく、工事費も上記のフローよりは安く抑えることができます。

工事費に関して一括払いも選択できます。

詳細はフレッツ光公式サイトでご確認ください。

転用にあたりフレッツ光で解約金は発生しませんので、フレッツ光が開通したらすぐに転用手続きをして大丈夫です。

但し、フレッツ光の申し込みにあたりキャッシュバックなどの受け取りがあるサイトでお申し込みの場合は短期で切り替えた場合は対象外になったり同時にプロバイダ契約が必要で転用したあとにプロバイダを解約して解約金がかかるケースなどもありますのでよく調べてから行った方がいいです。

 

③上記に付随して工事費が高額になる。

上記の通り一括して固定電話やTVサービスの契約ができない為、NTTに依頼をする必要があります。

その際、事務手数料がかかりますし訪問料などでドコモ光やソフトバンク光に依頼するよりも工事費が高額になります。

ざっくり言うと事務手数料など含めて4万弱かかります。

一括でできた場合は3万ほどでいけるので完全に勿体ないお金です。

 

④プレゼントされるルーターが微妙。

楽天ひかりは『フレッツ光ネクスト』のサービスが反映されているので上り下り1Gbpsに対応している光回線です。

しかしながらプレゼントされるルーターの無線最大速度は867Mbpsです。

とりあえずIPoEに対応させてきた感が凄くあります。

周りが数年前からやってることにようやく追いついて、しかもこれから第4のキャリアとしてネットワーク事業を頑張ろうとしている会社がやることじゃないと思います。

楽天ひかりの品質は?

速度に関しては4/20よりiPv6への順次切り替えがされているので統計的にも以前より早くなっています。

平均すると90Mbpsくらいの報告が多いです。

以前は数Mbpsの報告も多数だったのでまだマシになった方です。

改善されて楽天ひかりは光回線速度ランキングで57番中38位の速度です。

楽天ひかりの最低契約期間と違約金は?

3年契約で期間中解約の場合は9,500円がかかります。

このサービスで3年契約?といった感想。

実はこんなキャンペーンがありました。

こちらをご覧ください。

f:id:tamahiyotube:20200603040015j:plain

つい先日までやっていた【春の新生活応援キャンペーン】です。

今回の1年無料キャンペーンは開通月を含む12カ月が無料です。

マンションタイプで計算すると3,800×12=45,600円

ほどの還元がありますね。

1年無料と聞くと聞こえは凄くいいですが、こちらの【新生活応援キャンペーン】の場合の還元額は・・・

提供タイプ問わず初月は無料で2,000円引きを2~13カ月目まで行いますのでマンションタイプで計算すると3,800+2,000×12+19,000ポイント=46,800円

の還元になります。

 

ギガビットルーターを4,000ポイントと換算してるみたいなので今回のキャンペーンに足せば49,600円分となりギリギリ勝てますがこの数字だけ見ても別に今やる必要ないのは分かりますよね。

楽天ひかり、申し込むべき?

上記をまとめて総合的に判断すると今申し込むべきじゃないと思います。

光回線に関しては携帯電話と違い、法規制がされていないので還元の上限がありません。

やろうと思えば工事費無料で更にポイント還元もつけれるはずです。

やるのかやらないのか、やるとしたらいつやるか、まで分かりかねますがまだまだ出てくると思いますので待ちの方がいいかと思われます。

戸建ての方は光回線を何回線も引けるので今の回線はそのままに楽天ひかりを入れることも視野に入れましたが工事費と違約金で一般人にはどうにも採算が合わない気がします。

SPUで毎回上限5,000ポイント取れる人はいってもいいのではないかな、と思います。

 

全てに当てはまる点としては、

①品質が落ちる可能性が高い

②今現在利用しているインターネット会社の解約金、撤去費用などがかかる可能性がある

③利用しているメールアドレスやサービスを受けれなくなる

④切り替えに際して工事への立ち合いや費用がかかる。またスムーズにいかなかったとしても今の楽天の電話やチャットでの応対品質をみると期待はできない。

上記を前提にそれぞれのパターン別で書いていこうと思います。

ただ、固定回線の場合はパターンの枝分かれがかなりあるので注意点だけピックアップしていこうと思います。

 

フレッツ光を利用中

転用で工事不要で切り替えができます。

一番重い工事費の部分や手続きのめんどくささが殆どないのでフレッツ光を利用中の方は、品質が下がるかもしれない、プロバイダが『楽天ブロードバンド』になることを理解していれば費用的な話では切り替えはマストでした方がいいです。

 

但し今までのプロバイダが楽天の『楽天ブロードバンド』以外の場合は解約をしないとそちらのプロバイダ料も払う必要があります。

プロバイダ料の相場は800~1,500円くらいです。

プロバイダを解約するとプロバイダから提供されていたメールアドレスが使えなくなる為、メールアドレスが変わるのが嫌な方はコース変更などでメールアドレスだけ残せるプロバイダか確認しましょう。

プロバイダも定期契約を結ぶことによって割引価格で提供しているので解約金がかかる可能性があります。

メールアドレスを残せるプロバイダか確認する際に一緒に解約金の確認もしておきましょう。

ちゃんとしたプロバイダなら100~300円程度でメールアドレスのみのコースへ変更できるはずです。

メールアドレスだけのコースがないプロバイダの場合はメールアドレスを使おうと思うとそのままプロバイダ料を払う必要がありますので楽天ひかりの月額料金と合わせてメリットがあるかを計算しましょう。

初年度は1年無料で安くなるはずですが翌年からは高くなるはずです。

 

②他社で利用中

今現在契約をしているインターネット会社で固定電話やTVを契約している場合はデメリットの部分でも書いた手続きが面倒で初期費用が高額なことです。

更に今契約しているインターネット会社で解約金や撤去費用がかかる可能性があります。

それに対するリターンは1年無料とSPU1倍なので採算が合う人はやりましょう。

SPU1倍でいくら増えるか、他社での支払額に対していくら削減できるか、何年契約するかにもよるのでなんともですがきっちり計算しないと赤字になる可能性もあります。

パターン別では一番おススメできないです。

 

③ネット回線をド新規で引く

もし引きたい、引く必要がある、引く予定があったのであればおススメします。

他社を知らないので品質の良し悪しも判別できないですし、他社でも初期費用はつきものです。

リターンは1年無料とSPU1倍なので大きいと思います。

今引いてないけど無料なら・・・であれば計算はした方がいいです。

初期費用が15,800円~+無料期間が終わったら解約するのであれば9,500円です。

25,300円は諸経費でかかるのでSPUの倍率アップでそこを回収できる方は良いと思います。

 

以上、パターン別解説ですが計算式に関してはかなり複雑なので全てを載せきれません。

楽天モバイルを強化する!Rakuten Casa

楽天ひかりを契約すると『Rakuten Casa』が申し込めます。

これはホームアンテナのようなものでエリア外でも楽天モバイルのエリアを発生させるというものです。(Rakuten CasaにWi-Fi接続した場合のみ)

これによりUN-LIMITの方は強化されるのですがそもそも宅内ではWi-Fiに繋ぐのでわざわざ楽天モバイルの回線を使わないと思います。

もう何が何やらわかんねぇな状態です。

これはもしかしたら、「光は遅いけどモバイルはまぁまぁ早いと思うから宅内でもモバイル使ってや」というお告げなのかもしれません。。。。

 

最後に

今回、かなり辛口に書いてしまいました。

しかしながら楽天の光コラボ参入は割と早かったのに最近になるまでiPv6にも対応してなかったりと光に対しての手抜きが否めないです。

Un-LIMITが指導してくっつけとけばいいやろ感が結構見えてしまってるのが悲しいです。

今回もご覧いただきありがとうございました。

文字数こそ少なくてもかなり的確な記事だと思いますのでよければ拡散ご協力ください。

OnePlus 8Pro レビュー

こんにちは、たまひよです。

OnePlus 8Proが届きましたので開封レビューを先にYouTubeを上げたかったのですが編集が難航しているので記事で上げたいと思います。

 

OnePlusとは?

OnePlusとは2013年12月に、OPPO副社長である劉作虎氏が設立した中国広東省に本社を置く、OPPO傘下のスマートフォンメーカーです。

 ブランド発足当初は機種を購入するのに招待を受けないといけなかったが現在は普通に販売されるようになった。

独自OSとしてGoogleAndroidをBaseとするOxygenOSとHydrogenOSを開発、採用している。

初期の頃はOPPOが開発、採用しているColorOSを搭載したモデルもあった。

今となってはかなりのレア物ですね。

親会社のOPPOは2017年8月に日本法人のOPPO Japanが設立されており2018年2月にSIMフリー市場への参入。

MVNOの回線販売に付随して販売台数をメキメキと伸ばしている。

2019年12月に日本のSIMフリー市場において市場シェアが第2位となる。

因みに1位はHUAWEIなんですが、SIMフリー市場に参入した2018年2月にはOPPOのシェアは0.7%、HUAWEIは44.3%でした。

それがOPPO21.4%、HUAWEI27.4%になり、市場シェア第2位になるのだから凄い。

現在はauSoftBankからキャリアモデルの発売が決定している。

OPPOは取り扱いモデルを見てもミドルスペックがほとんど。

海外メーカーらしくコスパのいいモデルでシェアを伸ばしてきたメーカーです。

国内でハイエンドとして展開(予定含む)しているのは、

  • OPPO Reno 10x Zoom
  • OPPO Find X2 Pro 5G

の3機種のみでだがOnePlusはOPPOブランドや他社ブランドと比較してもデバイスの外観への拘りやOSのユーザーライクさなどが群を抜いていて個人的におススメのハイエンド機種を取り扱うメーカーです。

 まだ発売したばかりだというのもありますが最近では価格の面は国内ハイエンド機とほとんど変わらないのでコスパを重視するなら他の選択肢もあると思いますが、圧倒的な完成度が国内ハイエンド機より少し安く手に入ることを考えると私はOnePlusを選び続けます。 

OnePlus 8シリーズのスペック

f:id:tamahiyotube:20200531181813j:plain

私が今回OnePlus 8Proの方を購入したのはカメラのセンサーに採用しているSONY製IMX689の評判がかなり良かったのとOnePlusの現CEO『Pete Lau』氏がTwitterに投稿した画像がかなり綺麗だったからです。

 

 ウォーターマークがついていないけど左の2枚が恐らくOnePlus 8Proだと思います。

OnePlus8に採用されているIMX586も悪いセンサーではないですが現行の4,800万画素搭載機種は殆どこのセンサーを採用しているのであえて今更購入する理由がないからというのも一つの理由です。

実際に私の所持しているOnePlus 7TもIMX586を採用しています。 

本体

f:id:tamahiyotube:20200531234700p:plain

OnePlus 8は、グレイシャルグリーン、インターステラーグロー、オニキスブラックの3色構成です。
f:id:tamahiyotube:20200531234706p:plain

OnePlus 8Proはオニキスブラック、ウルトラマリンブルー、グレイシャルグリーンの3色構成です。

f:id:tamahiyotube:20200531234649j:plain

今回私が購入したのはウルトラマリンブルーのRAM12GB、ROM256GBの最上位構成です。

ECサイトの取り扱いが遅かったこともありかなり品薄になっていてこの構成以外は選べませんでした。

背面のブルーは本当に美しいです。

f:id:tamahiyotube:20200531234712j:plain

OnePlus 7Tのグレイシャーブルーとの比較

はっきりとした青とOnePlusのロゴが深く掘られてるのが確認できました。

より高級感を増してると感じました。

今回背面の素材は自己修復機能を備えてるみたいで小傷に関しては指で擦ると消えるようです。

この素晴らしい色を眺めていたいのですが傷がつくのが怖いのでケースをつけます。。

 

動作

今回CPUは最新のSnap dragon865を搭載しています。

私の手持ち端末だとGalaxy S20 Ultraも同じくSnap dragon865を搭載していて性能は折り紙付きです。

リフレッシュレートも120Hzと高速で画面スライドした際に処理が早すぎてびっくりしました。

GalaxyはGalaxyでOneUIのBixby Routinesなどの独自機能が好きな部分もありますがOxygenOSはXiaomiのMIUIのように広告掲載もなく、とにかくユーザーライクです。

個人的にはPixelなどに搭載されているピュアAndroidよりも好きなOSです。

ピュアAndroidよりもメッセージなどの標準アプリのUIも優れているし、ゲーミングモードなどの独自機能も使いやすい。

パラレルアプリもストア製よりも洗練されているし、アプリロッカー機能は指定した指紋認証で解除するまでそのアプリを表示させないなど色々な使い道があるおもしろい機能です。

Antutuベンチマークは図りたかったのですがストアでの公開停止されていたので測れていません。

Galaxy S20 Ultraの時に測ったスコアは57万弱だったと思うので同等スコアとみていいでしょう。

因みに今回は中国版を購入し、OSの書き換えもコンテンツにしようと思っていたのですが出荷前にOxygenOSに書き換えられていました。

手間は省けるけどOSの書き換えはOnePlusは非常にユーザーライクで端末単体で完了できるので一度してみたかったということもあり、少し残念です。

au回線に関してはVoLTE化をしないと拾わないのでPCを使って簡単な作業をする必要があります。

付属品

f:id:tamahiyotube:20200531232603j:plain

外箱はいつも通り。

DHLさんが配達するので納期は早いが経由する倉庫でたまに箱がボコられるから困る。。

今回は割と綺麗でした。

f:id:tamahiyotube:20200531232741j:plain

OnePlusのロゴステッカー。

Appleもこういうのやるけど正直私はかなり好き。

ただしもったいなくて使えない。。。。

PCの裏とかに貼ったりするのがオシャレかな?

f:id:tamahiyotube:20200531232910j:plain

純正ケースと純正ケーブル

ケースはOnePlusのスローガン、Never Settleが印字されていてオリジナル感があっていいです。

側面は固いけど裏はソフトTPUで皮脂がまとわりつきます。

f:id:tamahiyotube:20200531233747j:plain

私はTPU素材がフィルムもケースも嫌いなので純正のアラミド繊維のケースを取り寄せました。

アラミド繊維iPhone 11Pro、OnePlus 7T、Galaxy S20 Ultraでも使用しており今のところ一番気に入ってる素材です。

今回からワイヤレス充電に対応したのでiRingもスライドができるものを採用しました。

f:id:tamahiyotube:20200531233941j:plain

OnePlus純正のワイヤレス充電器は品切れなのでXiaomiの20W急速ワイヤレス充電器でチェックしましたがケース着用していてもキチンと反応してくれました。

相変わらずワイヤレスなのにこの充電器は爆速。

f:id:tamahiyotube:20200531234114j:plain

ACアダプター

日本のコンセントの挿し口と同じです。

6A対応してるのとWarp Charge 30W充電でめちゃくちゃ早かったです。

過充電を避けるために箱にそっと戻しました。。

こちらもロゴが入っててカッコいい。

 

以上が全ての付属品です。

国内モデルは大体ACもコードもつかないのですがキチンとついてくるのとそれぞれのアイテムにロゴが入ってたりオリジナルカラーを採用してたりとマニアには嬉しい構成です。

データ移行

今回はOnePlus 7Tからデータ移行をしました。

私はメインがiPhoneなのでiPhoneのデータ移行はiTunesで行っています。

やはり圧倒的に優れたデータ移行で完全再現ができるのが特徴です。

Androidに関しては全て同じデータを入れています。

普段AndroidAndroidでデータ移行する際はGalaxy smart switchやGoogleバックアップ、JSバックアップなどを利用して行っていますがアプリの配列まではコピーしてくれないのでアイコン整列に時間がかかったりします。

今回はOnePlus独自の『OnePlus Switch』を使ってデータ移行させました。

『OnePlus Switch』はOnePlus同士でないと使えないという制約はあります。

f:id:tamahiyotube:20200531235835j:plain

しかし転送速度も安定して早く、移行できる項目も多いのでOnePlus同士なら確実に利用するべきです。

f:id:tamahiyotube:20200531235839j:plain

こちらが移行後のホーム画面ですが壁紙やアイコンに関しても完全移行されます。

システム設定に関しては手動で設定が必要ですが全てを完了するのに概ね1時間で終了しました。

かなり楽です。

噂のフォトクロミック

本当はもっと外に出て風景画を収めたかったのですが中々コロナ禍でフル稼働が難しく写真のレビューは一旦はフォトクロミックのみとなります。

フォトクロミックはOnePlus 8Proに搭載されているカメラのカラーレンズを利用したフィルターの名称です。

一部でかなり話題になりましたが、赤外線を使い物が透けるというものです。

悪用の危険性もありHydrogenOSでは次のアップデートで機能停止されるようです。

尚、OxygenOSではそのまま提供されるようなので使いたい方はすぐにOSの書き換えをするのがいいと思います。

f:id:tamahiyotube:20200531235822j:plain

 今回はSONYのTVリモコンで実験。

f:id:tamahiyotube:20200531235825j:plain

フォトクロミックフィルターを使うと電池などが透けてしまいました。

その他服やスマホガラケーPS4のコントローラーなどにも試してみましたが透けず・・・。

恐らく素材が関係しているのですが法則が分かりませんでした。

元々は木々を撮ったりする際に使うフィルターみたいなので透ける用途での実用性は少なそうです。

まとめ

一番PRしたかったカメラの部分に関してはこの状況なので撮影できていません。

今後撮れ次第追記をしていこうと思います。

本体に関してはサイズ感もしっくりとくるのと重量に関しても画面のサイズを考えると軽い方です。

 

価格は10万~と決して安い買い物ではないですが、国内の5G対応機を買っても13万円くらいはすることを考えるとお得感はあります。

auの純正アプリがもりもり入ってたり、ColorOSだったりと評価はあまりする必要はなさそうですが・・・・・auの夏モデルとして発売予定のOPPO Find X2 Pro5Gとの比較もしたいと思います。

f:id:tamahiyotube:20200601012136j:plain

しばらくはP30 Pro、iPhone 11Pro、OnePlus 7T、Galaxy S20 Ultra、OnePlus 8Proの構成で頑張ろうと思います。

Rakuten Miniが一括1円!立ち回りなども解説

こんにちは、たまひよです。

 

今回は5/27発表の新キャンペーンについての解説、今後の立ち回り、おススメの転出先などを解説したいと思います。

尚、SIM到着後の初期設定やiPhone、Pixel4などの一部機種でのeSIM利用につきましては外部プラットフォームとなりますが過去に執筆した記事がございますのでこちらをご参考ください。

こちらのコンテンツもいずれブログに移植します。

 

note.com

 

 

 

新キャンペーン概要

2020年5月27日(水)9:00~2020年6月17日(水)8:59の間の期間限定で

「Rakuten UN-LIMIT」お申し込みで、Rakuten Miniを1円で購入できます!

 

f:id:tamahiyotube:20200527160134p:plain

 

まず条件は2点あり、

  • ①キャンペーン期間中に、「Rakuten UN-LIMIT」を以下いずれかの方法でお申し込み、Rakuten Miniをご購入
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に新規お申し込み
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に他社から乗り換え(MNP)でお申し込み
    ・「Rakuten UN-LIMIT」に楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)の料金プランから移行お申し込み
  • ②『【Rakuten UN-LIMITお申し込みキャンペーン】プラン料金1年間無料』の特典対象者

の両方を満たす方が対象となります。

 

楽天Link利用で3,000ポイント、事務手数料分3,300ポイント還元キャンペーンに関しても併用可能です。

一人一回まで。

※尚こちらのRakuten Mini一括1円キャンペーンで購入した場合、紹介特典は適用不可となります。

※無料サポーターの方のプラン変更は対象外です。
 

5/27 22:00追記

f:id:tamahiyotube:20200527215424j:plain

注意事項に追加があり、Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンとの併用はできないと明記されました。

 

今後の立ち回り

 

 ①既に「Rakuten UN-LIMIT」を利用している方

残念ながら今回のRakuten Mini一括1円キャンペーンは適用不可です。

後に記載する Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンは対象になります。

 

②現在無料サポーターを利用していて、何も手続きを行っていない方

無料サポーター回線を解約か他社へ転出させましょう。

その後新規でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

③現在無料サポーターを利用していて、既にプラン変更手続きを行っていて6月からは「Rakuten UN-LIMIT」になる方

無料サポーター回線を解約か他社へ転出させましょう。

解約、転出後も②の方と違い、プラン変更の申し込みを行った申込番号がいつまでも消えませんので楽天モバイルへ電話して申込番号を読み上げ、処理をキャンセルしてもらいましょう。

キャンセル処理が終わらないと該当の楽天IDでは「Rakuten UN-LIMIT」の申し込みはできないです。

尚、キャンセル処理は5日~14日ほどかかるとのことなのでなるべく早く行いましょう。

その後新規でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

④新規申し込みを検討している方、楽天モバイルMVNOを利用している方

新規、もしくはMNO移行でRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの対象端末を申し込みしましょう。

最終的に使いたい機種のSIM形状へ変更をしてください。(nano SIM or eSIM)

 

※尚、②、③、④の方に関しましてRakuten Miniが一括1円で購入できるメリットはありますが実際にSIMを使用したい端末での利用に時間がかかったり再発行費用3,300円が発生する可能性があります。

キャンペーンの併用可否がはっきりと明記されたので買いたい端末でキャンペーンを選ぶのがいいと思います。

また新規申し込みの際に楽天モバイルが実施する審査の結果によっては契約ができないことがあります。

その際の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

 

一部機種の売価変更

  Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーン

5/27より楽天モバイルの取り扱うGalaxy A7が値下げされています。

31,500円から17,000円(税抜)に大幅プライスダウンです。

Galaxy A7はRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンで後日15,000円分の楽天ポイントが還元される機種なので実質3,700円で購入ができます。

 

 

上記のRakuten Mini一括1円キャンペーンとは併用ができないのでRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンの中に欲しい端末がある方はこちらを選択するのがいいと思います。

Galaxy A7が圧倒的にお買い得です。

逆に避けた方がいいと個人的に思うのはOPPO A5 2020でしばらくはスーパーDEALで今やってるような実質負担額で買えるのでわざわざRakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンで購入する必要はないと思っています。

OPPOも他キャリアでは新機種の発表を続々としていますがRenoシリーズに重きを置いているので今後しばらくはA5 2020はこのくらいの実質負担額を保つかと予想しています。

 

※5/1以降にお申込みの方が対象です。

※こちらも無料サポーターからのプラン変更は対象外のキャンペーンとなっています。

 

無料サポーターのおススメ転出先

 今後の立ち回りの項目で②と③にあたる方には解約もしくは他社への転出をして無料サポーターを逃がすことをお伝えしましたがここからは実際のおススメ転出先を書きたいと思います。

ただ、あくまでも楽天モバイルの記事になりますので1社のみの案内となります。

 

BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルはWEB申込と店舗申し込みで月額料金が少し変わります。

WEB申込のメリットは各プランが最大半年間1,600円割引になるところです。

その為音声基本プラン+データ通信3GBは基本料が1,600円なので最大半年間無料で利用できます。

更にエンタメフリーオプションも最大半年無料です。(本来は480円/月のオプションです。)

f:id:tamahiyotube:20200527174915j:plain

 上記の対象サービスはデータ通信料を消費せず利用できる為かなり人気のオプションとなっています。

申し込みにかかる事務手数料、SIM発行手数料も後日Gポイントで還元されます。

端末セットで申込時は最大でGポイントで7,000ポイント還元がありますが端末セットの場合は店舗の方がお得です。

 

店舗申し込みは各家電量販店で受け付けており、各プランの割引が1,200円となります。

その為、音声基本プラン+データ通信3GBは基本料が1,600円なので最大半年間400円で利用できます。

割引額はWEBに劣りますが家電量販店で販売されているSIMフリー端末とSIMパッケージ代3,300円の合計から最大22,000円割引ができるので機種によっては一括1円や一括648円ほどで購入ができます。

最大還元額に関しては店舗の方が多いので安くサブ端末が欲しい方、入手した端末をなんらかの形で処分する方は圧倒的にこちらがおススメです。

 

BIGLOBEモバイルはdocomo回線、au回線の2種類から選べます。

私も契約していますが速度はMVNOの中では比較的安定しています。

BIGLOBEモバイルをお勧めする理由としてはとにかくランニングコストが安いこと、そして転出抑止の施策も大きいことです。

家族割引も200円あるので2回線目からは月額割引が店舗申し込みの際も200円になります。

そして月額割引が切れるころに他社に転出希望していることをオペレーターに伝えると転出抑止の施策として月額1,600円割引が貰えます。

こちらはBIGLOBEの予算や抑止施策の適用条件等もあるので半年後に確実に抑止施策が適用されるかどうかは分かりかねますが他のMVNOと比べて引き留めにも積極的であることは間違いないです。

 

尚、自分は店舗申し込みが圧倒的に有利と思っているのでアフィリは貼りません。

店舗へGO!!!

私も月末行きますので大阪の方はアテンドできると思います。

 

Y!MobileUQ Mobileも5月末まで学割の実施やSIM単体でも2万円までのキャッシュバックを行っていますが月額維持費がミニマムでも安くはないという所、大手キャリアのサブブランドですので後の契約に響く可能性が高いことも考慮して利用意思のない方へはおススメしません。

但し両キャリアとも品質に関しては間違いなく良いので利用をしてみたいであったり無料サポーターの転出と同時にメイン回線も見直して家族割引も受けたいなどの方に関してはおススメします。

 

独り言

待てばSIMパッケージ代併せて一括1円になると思います。

ROOMを見ていただけると分かるように3,001円なのでパッケージ代は割り引かれていません。

本体代は17,000円なので本気を出せば一括1円になるのではないかと思います。

但しその頃には1年無料や事務手数料、楽天Linkでのポイント還元キャンペーンは終了していて総額で言うと損になるかもしれませんが。。

Rakuten Miniの相場が下がることを加味して算出しても確実にお得なので私はこのやり方で申し込もうと思います。

 

今回の経緯について追記

簡潔に言うと最初はRakuten Mini一括1円キャンペーン Rakuten UN-LIMIT対象製品購入サポートキャンペーンが併用できるという流れで記事を投稿しました。

 

しかし21:50頃に小岩井さんが公式サイトのキャンペーンページに追記がされているのを発見して共有いただきました。

f:id:tamahiyotube:20200527215424j:plain

 

今回の経緯は昼間に楽天モバイルのオペレーターにキャンペーンの併用可否を確認したところ、1人目はRakuten Miniは値引き、Galaxy A7などに関してはポイント付与のキャンペーンでそもそも別物なので適用は全く問題ないとの回答でした。

キャンペーンページにも適用不可とは書いていなく凄く納得する説明でした。
 その後気になる話が流れてきたので先ほど再度確認の為楽天モバイルに電話しました。
2人目のオペレーターはできないと言いました。
注意書きはないができない、と。
中身のある内容ではなかったのでそれが全てだ、というような感じの回答でしたが意見が割れてしまいました。
その後、コールセンターの営業時間終了になり別の方に確認ができないのでこのまま拡散するのはリスクがあると感じ、リプいただいた方に追記をご覧いただくよう案内しました。
そして明日朝再確認をしようとしていたところ小岩井さんがページの追記を見つけられてました。
その為迅速に記事の修正を行えました。
小岩井さん、本当にありがとうございます。
 

本件に関して私自身も誤案内を受けたとはいえ不確定な要素を記事にし拡散したこと申し訳ありませんでした。

また、私の情報発信のスタンスですが、下記のツイートに書いてある通り誤った情報であっても該当記事自体の削除はしません。
勿論未だ間違っている部分に関して誤情報拡散防止の為、修正はしますが同記事内で経緯と謝罪を致します。
 
 
 
そしてモバイル系に関わらずキャンペーンの適用可否についてですが当ブログでも絶対は保障していません。
何故なら、提供会社の都合で簡単に修正されてしまったりこのようにオペレーター自体の誤案内があったりするからです。
またどこのキャンペーンページにも予告なく変更する場合がございます、と書いてあると思いますがそこまでは察知しきることができないからです。
過去の経験や理論的に考えて可能性の高い方や私見を述べることはできますが物事に絶対はないので念の為ご自身でも確認をする癖をつけたほうがいいと思います。

 

最後に

今回もご覧いただきありがとうございました。

類似の記事も沢山あると思いますが私のフォロワー様特化して書いてる部分が多いので助けになれるのではないかと思います。

追記の部分を特に見ていただきたいのでよければ拡散の方よろしくお願いします。

プライバシーポリシー

管理者:たまひよ

連絡先:tamahiyotube@gmail.com

 

個人情報の利用目的

当ブログでは、メールでのお問い合わせ、メールマガジンへの登録などの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。

これらの個人情報は質問に対する回答や必要な情報を電子メールなどをでご連絡する場合に利用させていただくものであり、個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。

個人情報の第三者への開示

当サイトでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。

・本人のご了解がある場合

・法令等への協力のため、開示が必要となる場合

個人情報の開示、訂正、追加、削除、利用停止

ご本人からの個人データの開示、訂正、追加、削除、利用停止のご希望の場合には、ご本人であることを確認させていただいた上、速やかに対応させていただきます。

アクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。

このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。

広告の配信について

[たまひよのわいわい日記]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

 

三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにクッキーを設定したりこれを認識したりする場合があります。

免責事項

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プライバシーポリシーの変更について

当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。

修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。